仕事で出張中でも気軽に呼べる出張マッサージとは

鍼灸治療

鍼灸治療後の過ごし方の注意点とは

鍼灸治療を受けることで体がリラックスし、副交感神経が優位に働いている状態になります。この効果により血流が良くなり体の様々な機能が正常に働いている状態になります。この効果をしっかりと得るためにも鍼灸治療後の過ごし方は大切です。治療を受けてから2〜3時間は安静にすることが大切です。副交感神経が働いている状態は仕事や家事をすることに向いている状態ではありません。この状態は筋肉や神経などの緊張がほぐれている状態なので、できるだけ安静にして体を休ませてあげることが大切です。また、お酒もよくありません。適度なようなら体の緊張をほぐしてくれますが、治療を受けた後は体の調子もよく飲み過ぎてしまう方が多く、飲み過ぎると血流の悪化や代謝低下を招いてしまいます。治療の効果をしっかりと得るためにも1日はお酒を控えることも大切でうす。

鍼灸治療の効果は多岐にわたります

鍼灸治療の効果は神経痛や関節炎、高血圧や喘息、胃腸病や貧血、更年期障害や耳鳴り、眼精疲労など多くの症状に効果のある治療方法です。多くの症状は全く異なるような症状でも関連して起こっていることがよくあります。内臓が弱ることで肩こりに繋がったり、眼精疲労により頭痛になる場合があります。全く違う場所の症状が神経や筋肉の緊張などにより全く別の箇所の症状を引き起こしてしまいます。この鍼灸治療は神経や筋肉の緊張をほぐす効果があり、様々な症状に効果を発揮します。病院では症状が出ている箇所の治療となりますが、鍼灸治療なら体全体の調子を整えてくれる治療方法です。何となく体の調子が悪い、病院での治療では改善しないなどの症状がある方は一度鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか。